忍者ブログ
桜東ハンドボールクラブは,2015年にできた小学生のハンドボールクラブです。 Tri-C Ball Party (トリック・ボール・パーティ)を開催してます。 Coordination, ball Control, Communicationの頭文字三つ(Tri, トライ)でTri-C(ハイフンはよくわからずつけた)。 小学生・未就学児・そのお父さんお母さんを対象として,ストリートハンドボールやハンドボールを題材に、ボールの投げ方,走り方などを楽しく「練習」します。 「あ,なんかみんなでボール遊びやってる」って思った通りすがりの方,どうぞあがってって下さい。
ゴールデンエイジを逃した子
NTS(national training system)という事業が日本ハンドボール協会で行われてます。全国的に指導を体系化し,ハンドボールのレベルアップをはかろうという試み。その講習会が毎年各地で開かれます。対処は小中学生。これに参加できるのは、協会などで推薦される運動能力の高い子です。そもそもの目的が,人材を早期発掘し,国際大会で勝てる選手に育てる,というものです。

でも,実際指導してる人は分かるけど,「え,そんなことも出来ないの」って子の方が圧倒的に多いもの。ボールのキャッチの仕方がわからない,投げる動作はぎくしゃく,走り方もそれはからくり人形ですか?っていうもの。特にゴールデンエイジに運動してなかった子の中には,冗談抜きで中学生でも小学生低学年なみの運動能力の子が現れます。そんな子にハンドボールを教えるのは,非常に難しい。

指導本やDVDのモデルは、元々上手な選手なので,このレベルの子には役に立たない。協会も指導者もメダル取ることにはムキになる。その方が得られるものが多いから。だけど,根本的に動けない子を引き延ばそう,という活動は少ない。少なくともそういうのを対象にした講習会(クリニック的なもの)は,聞いた事がない。特にハンドボールは他スポーツ以上に動作が多用なので,あらゆる動きを高める必要があるんです。

メダルやカップを取ったとしても,他者との比較で得られる喜びの賞味期限は短い。一方で,運動能力の低い子が普通に運動できるようになったことは,自分の中で確実に現れる成功体験。その喜びの賞味期限は,その子がスポーツし続ける限り,ずっと続くんです。

その価値を本人に認めさせるために、周囲(特に保護者)が、勝った負けたと騒がないことが必要です。
PR
| prev | top | next |
| 84 | 82 | 81 | 80 | 79 | 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 |
参加方法
  • 対象 小学生男女およびその家族(未就学児は保護者同伴で可)
  • 練習
    第2・4日曜日 並木小学校グラウンド
    不定期土曜日 桜南小学校体育館
  • 参加費 無料(寄付 1回 100円程度)
  • 参加方法 直接会場まで。連絡不要。
  • メンバー登録
    1,000円/年(子供)、2,000円/年(大人)
    登録手数料 200円/件・家族
    ※スポーツ保険+雑費
プロフィール
HN:
Tri-C Ball Party
性別:
非公開
自己紹介:
2011年12月から茨城県つくば市並木地区で,ハンドボールを自由に出来る場を作ろうとする,その記録。

2012年に並木ハンドボールスクールと称して数回スクールを開催も諸事情で一旦休止、バーチャルクラブに。

2013年にみんなで自由にボール運動を出来る場を、と隔週で活動再開。徐々に参加者が増える。

そして2015年4月。

ついに「桜東ハンドボールクラブ」として,活動開始!

問い合わせ先
kyazaki001 (at) gmail.com

(at)をアットマークに。
忍者アナライズ
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny