忍者ブログ
桜東ハンドボールクラブは,2015年にできた小学生のハンドボールクラブです。 Tri-C Ball Party (トリック・ボール・パーティ)を開催してます。 Coordination, ball Control, Communicationの頭文字三つ(Tri, トライ)でTri-C(ハイフンはよくわからずつけた)。 小学生・未就学児・そのお父さんお母さんを対象として,ストリートハンドボールやハンドボールを題材に、ボールの投げ方,走り方などを楽しく「練習」します。 「あ,なんかみんなでボール遊びやってる」って思った通りすがりの方,どうぞあがってって下さい。
ハンドボールの良いところ:受け身をとる
ハンドボールでプレイ中,バランスを崩して転倒するときには,ケガをしないよう受け身をとります。

今まで書いたように,ハンドボールは接触が多いです。プレイのレベルが上がって,スピードがアップし接触が増えると,バランスを崩すことが多くなります。また,シュートを打つ時には,キーパーをよけるため,着地間際でシュートを打つ事があります。この時,ギリギリまでシュートフォームのままでからだを投げ出し(空中で「ためる」),シュートを打った後で,足や手を上手に使って床を転がったり滑ったりします。

球技でここまで受け身を取るのはバレーボールくらいです。実際,シュート後の受け身はバレーのフライングレシーブ,回転レシーブと似ています。違うのは,腕を振り切ってから受け身を取る,ということです。バレーは低空姿勢から床に滑り込みますが,ハンドは高いジャンプから,落ち際に床に倒れ込みます。


「NHK教育 スポーツ教室」より

なぜ受け身を取ることが「良い」のか,というのは,今までの流れと同じで,調整力,バランス力が上がることに繋がるからです。日常で何かにつまずいりぶつかったりして転倒した時にとっさに体勢を整えられれば,擦り傷程度ですみます。どう手をついていいか分からず,顔を強打したり手足を骨折したり,なんて事例を聞きます。あくまで印象ですが,前転さえも出来ない子が増えている気がします。

ハンドボールをやる上では,受け身の練習は非常に大事だと思ってます。ケガを防止するためですし,受け身を覚えることで大きなプレイへも繋がるからです。特に初級者には丁寧な指導が必要です。最初はマットや砂場,芝生の上でやると良いでしょう。ヒザをついた体勢から倒れ込み,徐々に高くする,というのが非常に有効です(バレーボールを習っていた時に教わりました)。
PR
| prev | top | next |
| 77 | 76 | 75 | 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 |
参加方法
  • 対象 小学生男女およびその家族(未就学児は保護者同伴で可)
  • 練習
    第2・4日曜日 並木小学校グラウンド
    不定期土曜日 桜南小学校体育館
  • 参加費 無料(寄付 1回 100円程度)
  • 参加方法 直接会場まで。連絡不要。
  • メンバー登録
    1,000円/年(子供)、2,000円/年(大人)
    登録手数料 200円/件・家族
    ※スポーツ保険+雑費
プロフィール
HN:
Tri-C Ball Party
性別:
非公開
自己紹介:
2011年12月から茨城県つくば市並木地区で,ハンドボールを自由に出来る場を作ろうとする,その記録。

2012年に並木ハンドボールスクールと称して数回スクールを開催も諸事情で一旦休止、バーチャルクラブに。

2013年にみんなで自由にボール運動を出来る場を、と隔週で活動再開。徐々に参加者が増える。

そして2015年4月。

ついに「桜東ハンドボールクラブ」として,活動開始!

問い合わせ先
kyazaki001 (at) gmail.com

(at)をアットマークに。
忍者アナライズ
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny