忍者ブログ
桜東ハンドボールクラブは,2015年にできた小学生のハンドボールクラブです。 Tri-C Ball Party (トリック・ボール・パーティ)を開催してます。 Coordination, ball Control, Communicationの頭文字三つ(Tri, トライ)でTri-C(ハイフンはよくわからずつけた)。 小学生・未就学児・そのお父さんお母さんを対象として,ストリートハンドボールやハンドボールを題材に、ボールの投げ方,走り方などを楽しく「練習」します。 「あ,なんかみんなでボール遊びやってる」って思った通りすがりの方,どうぞあがってって下さい。
「指示し過ぎ」は「指示しなさすぎ」よりもアウト
前回のエントリがなんだか抽象的なのでもうちょっと具体的に。

前にも書いたと思いますが,僕が7年前に指導しだしたころ,試合中いちいち指示を出していました。「戻れ!」「はこべ!」「そこはパス!」「前があいてるよ!」「ディフェンスはもうちょっと右!」などです。当時は今に増して拙い指導で,とにかく教え忘れていることが沢山ありました。試合になるとそういう穴が沢山見つかります。なので少しでも試合を有利に進めてもらおうと,ベンチでぎゃーぎゃーと騒いでいました。

ですが,ある事に気がつきました。私が黙っていると,選手は全然動かなくなるのです。選手はマリオで私がコントローラを握っている状態です。ああ,これでは選手の試合じゃなくて、僕の試合じゃん。

前が空いている,ターンオーバーを受けて戻らなくてはならない,このシーンでついつい周りが声を出してしまいます。ですが,前が空いてることに気づく事,ターンオーバーで戻らなくてはならないこと,これに「気づく事(認知)」こそ,教えられた技術であるはずであり,これを出せるかどうか,試すのが試合です(「試し」「合い」です)。なぜ,周りが答えを教えるのか,ましてやそれを教えたはずの指導者自身が騒ぐのか?ということを,ある時非常に疑問に思いました。

負ける事を許されない集団では,強力な指揮系統と,その指揮に従順に従う選手に育てないとなりません。これは否定しません。というか,そういう集団で働ける人材は社会に不可欠です。また,なんだかんだ言って勝たなきゃ仕方がない,という考えの人も多いでしょう(というか多数派でしょう)。

ですが,僕はそういう選手ではなく,むしろ指示を出す側の人材になって欲しいと思います。なので,試合では「戻れ!」とか「走れ!」といった認知や判断に関わる事は指示しません。コートの外から判断をして試合に勝たすことは簡単です。でも,自分自身の判断で成功/失敗することで得るものこそに価値があると思うのです。
PR
| prev | top | next |
| 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 58 | 57 | 55 | 54 | 53 | 52 |
参加方法
  • 対象 小学生男女およびその家族(未就学児は保護者同伴で可)
  • 練習
    第2・4日曜日 並木小学校グラウンド
    不定期土曜日 桜南小学校体育館
  • 参加費 無料(寄付 1回 100円程度)
  • 参加方法 直接会場まで。連絡不要。
  • メンバー登録
    1,000円/年(子供)、2,000円/年(大人)
    登録手数料 200円/件・家族
    ※スポーツ保険+雑費
プロフィール
HN:
Tri-C Ball Party
性別:
非公開
自己紹介:
2011年12月から茨城県つくば市並木地区で,ハンドボールを自由に出来る場を作ろうとする,その記録。

2012年に並木ハンドボールスクールと称して数回スクールを開催も諸事情で一旦休止、バーチャルクラブに。

2013年にみんなで自由にボール運動を出来る場を、と隔週で活動再開。徐々に参加者が増える。

そして2015年4月。

ついに「桜東ハンドボールクラブ」として,活動開始!

問い合わせ先
kyazaki001 (at) gmail.com

(at)をアットマークに。
忍者アナライズ
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny