忍者ブログ
桜東ハンドボールクラブは,2015年にできた小学生のハンドボールクラブです。 Tri-C Ball Party (トリック・ボール・パーティ)を開催してます。 Coordination, ball Control, Communicationの頭文字三つ(Tri, トライ)でTri-C(ハイフンはよくわからずつけた)。 小学生・未就学児・そのお父さんお母さんを対象として,ストリートハンドボールやハンドボールを題材に、ボールの投げ方,走り方などを楽しく「練習」します。 「あ,なんかみんなでボール遊びやってる」って思った通りすがりの方,どうぞあがってって下さい。
君のことをみているよ。君も仲間をみてね。
さて,大分みんななじんできたことで,だんだん子どもらしくふざけるようになってきました。
大抵コーチが

「静かにしろ!」
「なにやってんだ!話を聞け!」

と怒るところです。
前にも書きましたが,怒鳴った瞬間,子ども達は目を丸くして静かになります。
でもそれはやっぱり怒鳴られたからなんですね。
コーチはお話を聞いてほしいから怒鳴ったのですが,それは伝わってなくて,

「怒られるのがいやだから,静かにする」

訳です。


それで,なぜ静かにして欲しいのか,お話を聞いてほしいのか,お話しました。この辺りは人によってやり方がありますが,私は

「聞いた人には,良い事教えてあげるよ」
「聞かなくても良いけど,聞きたい人がいるから静かにしてくれる?」

みたいにします。

また,お話したい人の気持ちも話します。
お話を伝えたいので,
「僕の目をみてくれる?」
と。
そうすると,遊んでいた子がこっちをみてくれます。
それでも見てくれない場合は,待ちます。
ふざけている子にはふざけたい理由があるんだと思います。
お話が長過ぎて飽きてたり,他のこと興味がいっていたり,なにより,自分に注目して欲しかったり。
それも汲み取って,時にはふざけるのにのったりして,でも最後にはこちらに引き入れます。
軟着陸のイメージですね。怒鳴ってこれらを全部強制的に抑えると,どこかでまた漏れ出す気もするのです。それよりは,

「もちろん君のこともみているよ。相手のこともみてくれるかい?」

というイメージでしょうか。もちろん,私もこんなにうまくはいきませんが。

相手の目をみることは,実はプレイでとっても大事なことです。
相手が何をして欲しいか考えないままプレイすることが,子どもには多々あります。
誰もいないところにボールを投げてしまったり,投げてほしいのに自分で抱え込んでボールを投げなかったり。
そんなときは,仲間同士で目が合ってないんですね。
なので,「仲間の目をみてごらん」というと良いのかもしれません。
そうすると自分から仲間を探してプレイをするようになると思います。
PR
| prev | top | next |
| 160 | 159 | 158 | 157 | 156 | 155 | 154 | 153 | 152 | 151 | 150 |
参加方法
  • 対象 小学生男女およびその家族(未就学児は保護者同伴で可)
  • 練習
    第2・4日曜日 並木小学校グラウンド
    不定期土曜日 桜南小学校体育館
  • 参加費 無料(寄付 1回 100円程度)
  • 参加方法 直接会場まで。連絡不要。
  • メンバー登録
    1,000円/年(子供)、2,000円/年(大人)
    登録手数料 200円/件・家族
    ※スポーツ保険+雑費
プロフィール
HN:
Tri-C Ball Party
性別:
非公開
自己紹介:
2011年12月から茨城県つくば市並木地区で,ハンドボールを自由に出来る場を作ろうとする,その記録。

2012年に並木ハンドボールスクールと称して数回スクールを開催も諸事情で一旦休止、バーチャルクラブに。

2013年にみんなで自由にボール運動を出来る場を、と隔週で活動再開。徐々に参加者が増える。

そして2015年4月。

ついに「桜東ハンドボールクラブ」として,活動開始!

問い合わせ先
kyazaki001 (at) gmail.com

(at)をアットマークに。
忍者アナライズ
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny